カテゴリ:痴虫(ルアー情報)( 2 )

またまたご無沙汰してしまいました。今回のイベントが終わればまた少し、コラムや日記を書く時間をとっていきたいと思っています。

その今回のイベントというのが、タイトルにもありました足立区にある“maniac's(マニアックス)”さんで行われるインストアイベントです。しかも、今回は久々の単独イベントなので緊張します(汗)
色々書きたいことはあるのですが、まだルアーの仕上げも終わっていませんので、今回様に用意したルアーを案内して(他にもトレイルルアーやむしざんまいグッズなど持っていきます)作業に戻ります!!

マニアックスさんはお店ができて2年と少し。去年の1周年ではワームカラーのルアーを作らせていただきました。

では、その過去に塗ったルアーを、新入社員のウシ子さんに少し紹介していただきます。
a0190865_13131720.jpg
「これが去年社長が作ったお魚だニャ。」
a0190865_13133213.jpg
「どれか一つを選べと言われても困るニャ。」
a0190865_13133282.jpg
「今日のスカイコンディションならこれだニャ。」
a0190865_13133303.jpg
「もう飽きたニャ。」
ウシ子さん、昼食後の休憩の時間にありがとうございました。

で、今年は2年目。
どんなルアーで、どんなカラーにするか考えた際に、1年目の物を引き継ぎつつ再構築しようと思ったわけです。それで、去年のをウシ子さんに紹介していただいたわけです。

で、今回のルアーカラーがこれです。
a0190865_13133306.jpg
「左から 海馬55(笑)、カブメス(チューンモデル)、沼、沼(笑)、海馬free90、デカブメスJr.」

です。どれもベースや使っている色に去年のワームカラーの要素を組み込みました。
ワームを使っていて学ぶことは、クリア系の色の使い方だったり、ラメの使い方がすごく進化しているということ。どちらもプラグの方が劣っていると感じています。

今回は、前回に引き続きワームをお題にルアーカラーを作ることで、それらの要素に対して考えをめぐらせましたが、やはり学ぶことも感じることも沢山あり塗っていて面白かったです。

あとは、カブメスのように自分がやっているチューニングをしたモデルなど、来ていただいて説明しないといけないといけない細かい仕様の部分がありますので、ぜひ3連休の最終日はお店に遊びに来ていただけると嬉しいです。

ではでは、明日お店でお会いしましょう。

[PR]
今日は短めにルアーについて。


ルアーは「ボディー(形)」と「カラー(色)」とで構成される。
パーツはボディーの範囲内とする。

ボディーの意味は構造表現であり「動き」と関わり
カラーは視覚表現であり「印象」と関わって来る
と思われる。

(ボディーのライン、シルエットは視覚表現ともなるがそれはここでは置いておいて。)

つまりマンガで例えると
ボディー(=構造)は話の内容であり
カラー(=視覚)は絵という事になる。

ルアーの事を考えていて、ふとそんな考えが浮かんだ。

外から見て、僕は視覚表現にこだわりがあるように感じられるかもしれないが、実のところ構造表現も大好きである。
安定した構造があってこそ、視覚で遊べるのだから。
なんにせよ、どちらが欠けても良い物にはならない。


とまあ、ちょっと解りにくい話になったかもしれないが、初めだから容赦してください。書きながら色々考えて行きますので。
[PR]