H-1の亀山戦の大会レポート(プラ編)

数日経ちましたが、H-1の亀山戦の大会レポートです

2018.5.27(日曜)6時スタート13時帰着の7時間の大会でした。
参加者は174人でウェイインは94人(ウェイイン率54%)
94人中1キロアップが21人、さらにその中で2キロ越えは2人という、釣れた人数は多めですが大きな魚が難しい1日でした。
先に結果を言ってしまうと、僕は2匹釣って合計1270g、15位の成績でした。この成績がはたから見ればどう映るのかわかりませんが、僕にとっては良く出来た1日だったと思っています。
では、大会の1週間前に入ったプラクティス(練習、下見みたいなもん)と、大会当日の感想などを書いていこうかと思います。

〈プラクティス〉
大会の6日前の月曜日にプラに入りました。今年から釣りを復活された嫁(チーム痴虫No.2 チム・ワイフww)を後ろに乗せて。前日の仕事が長引き、出船は6時半(今の亀山は5時出船OK)プラと言いながらも、久々に釣りをされる嫁が釣りを出来る所、そして小さくても釣れる場所を気にしながら釣り場の様子を見ていきます。水は透明ですが、早くもアオコが出てました。場所によっては少し泡が残る所も。
 できるだけ投げやすく、魚が浮いてそうな所というので、まずはカラス宿。嬉しいことに、小さめですが魚が浮いています。色々な指導の結果オリカネさんの作ったオーバーリアルというジョイントのお魚ルアーで嫁今年の初バスゲット。しかもトップ!!それ用に網を持って行ってたのですが、いきなり釣れて網出しが遅れて焦りました。
a0190865_22101962.jpg
「チム・ワイフの今年の初バス。O.S.Pのオーバーリアルにて」


 これで、肩の荷が下りたのと自分も釣りたい!!という気持ちになって、しかもあまりいい魚が見えないので、僕も小さめのルアーに変更。テスト中のガチムチポッパー4センチをハング奥に入れて、ピコピコ動かしてたら下からポコッと出て1匹。う、れ、し、い。なぜなら今年の初亀山バス。
 その後、その場所を釣り終え、何度か場所移動するも出るけど乗らない…。さらに日が出たところで出てもくれなくなりました(汗)嫁は昼過ぎに上がって亀山温泉ホテルに行く予定でしたので、途中で一旦のむらボートさんに戻って、車で温泉へ送迎。
a0190865_22102029.jpg
「小さいけど嬉しい、亀山での今年初バス。今年はここまで遠かったぜ。」

 さあここからは一人釣り、午前中に出来なかった事を試しておかないと。ってそう、嫁と乗って解った事がありました。それは、僕が異常にカバーに依存しているという事。カバーにルアーを絡めなくても、ハングの中、壁際など二人乗りではままならない釣りを普段はしているのだと気付きました。午前中はそういったややこしい釣りはしないで、フラフラしてそいうな魚探し。午後はカバーの釣りで魚探しです。先ほども書いた、カバーにタイトな釣りをしつつ、パッと見てUターンしてしまった猪の川の浮き草地帯(通称:青野郎)も触っておこうと。そこで、なんとボイルがあって、ルアー投げたら釣れちゃいました。ラッキーだけど発見。ルアーは本当に冬の亀山で手も足も出ない時にカバーゲームしかない、と再度テストし直し始めた(テストルアーを2つも無くして、テスト中断してた)すりぬけまくる君。ついに狙っていた亀山で釣れました、ヤッタ〜。同じ釣りを繰り返し、なんともう1匹追加。この魚達が大会の魚につながりました。
a0190865_22102006.jpg
a0190865_22102122.jpg
「亀山で使いたくてテストを再開したこのルアー、本当に嬉しい魚でした。」

その後、猪の川を出て色々やるも、本当にフラフラ系の魚と出会えない…。最後、みんなが帰る中、ギリギリまでじいさんワンド
(のむらボートさんの隣)で粘り帰着5分前にイジリースティックで1本かけるもバラして終了。朝は出遅れましたし、のむらボートより上流しか触れなかったけど、個性的な釣り方というか魚に出会えたので良いプラとなりました。ちなみに、もしこれでめぼしい魚に出会えなければ無理してもう1回プラに来ていたかも。(まぁ、無理な予定でしたが)

 てな感じで、夫婦で亀山の初バスをゲットしホッとしたので、後は大会までルアーを揃える(足りていないテストルアーを作る)ことに専念することにしました。

〈亀山への思い〉
 そして、いよいよ大会本番!!となるわけですが、その前に今回の大会に挑む意気込みについて書いておきます。去年、一昨年とH-1GPXは2年間休んでいました。ただ、僕にとって大会はH-1だけではないので、その間もボート屋さんの大会には年間で参加して、先輩達に揉んで頂き、腕を磨いていました。その修行の場所が亀山ダムの、のむらボートさんの平日大会(以下のむ平)だったのです。のむ平に出て今年で4年目。大した結果は出せていませんが、当社比では明らかにダムの釣り方も、知識も、ルアーも色々が変わりました。そう、今回は牛久に次ぐ新たなホームの戦いでもあったのです。実は去年のH-1でもスポットで亀山は参加しましたが、坊主を喰らいました。あれは悔しかった。人への対応、ルアーの対応など、まだまだ追いついていないことを強く感じた日になりました。なので、今回は意地でも釣りたかった。成績云々よりも、亀山の大会で魚をキャッチしたい。まずは1匹、できればリミットメイク(3匹)を目標に闘志だけは高ぶらせていました。

 それからもう一つ。もうご存知かもしれませんが、今月のBasserさんで巻頭カラー8ぺージ&表紙という取材をさせて頂きました。その時に本当に準備も当日も出来ることはすべてやったつもりですが、牛久沼では魚を釣ることができませんでした。おかわりの釣りはどうしても魚の絵が欲しくて新利根川に。(それでも苦戦しましたが)そんなで、やり遂げたつもりでしたが悔しさも残りました。そのせいか「魚を釣る」という事への執念や責任みたいなのがまだ大会の時にも残っていまして、いつも以上に集中力を絶やさずに、諦めずに自分を信じて釣り続けることができました。場所も違うし、もう本は出た後でしたが、自分にとってのおとしまえという形では、この大会で少し方をつけれたような気がしました。
a0190865_22101927.jpg
「事件は突然やってきました。Basserの表紙です。これについてはまた別で感想アップします!!」

というわけで、そんなこんなでいよいよ本番の話を書きたいのですが、仕事の都合もあり今日はここまでで一度アップします。
続きは、できるだけ明日にでも。

ではでは。

[PR]
by chimush1 | 2018-05-30 22:17 | 大会