痴虫ノート再起動ご挨拶

雑誌等の連載も一旦途切れ(春から何か始まるかも)、ほうっておくと何もしなくなるのですが、やはり公の場への情報として残しておくべきものがある言う事で、痴虫ノートに色々残して行こうと思いました。
予定では各月の1日と15日にコラムとして文章を上げるのと、それ以外に細かい情報はその場その場でアップ、という感じ。ですが、キープキャストや普通のルアー、確定申告等々、やる事山盛りでいきなり頓挫。

2/3日の時点で以下の分までは書き進めていましたので、一先ずそちらの方アップさせて頂きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〈ブログ再開のご挨拶〉
 ブログ並びにコラム的な情報としてはご無沙汰しております、痴虫の松本です。
 2018年になり気持ち新たに、放置していたコラム的活動を自身のブログと言う形で再開する事にしました。調べてみると長期連載では、2016年の夏にBasserさんのコラム「チム史」(100回 8年と数ヶ月)、2017年の春にスポニチのコラム「痴虫松本のええじゃないか!!」が終了しました。その間、ロッド&リール(以後ロドリ)さんやトップ堂さんでの連載もあったりして、一時期は月に3~4つの連載が重なる事もありました。あの時は本当に大変だった。そうして締め切りに追われて苦しんだのに、いざ無くなるとなると寂しいものです。去年はコラムの変わりにデジオ(インターネットラジオ)を頑張っていましたが、やっぱり文章もあった方が良いなと思っていました。そんなで、スポニチ終了から8ヶ月と少しお休みを頂きましたが、また少しずつ決まったペース(毎月1日と15日更新予定)でコラム的な事をしていく事に決めました。
 去年はデジオ(デジオ虫の声2)ではその時々の事を話してはいますが、文字にはなっていない事が多々あります。なので、当面は最近のお話と、去年の印象的な出来事や、残しておきたい情報等との2つの時間軸で書いて行こうと思います。では、前置きはここまでにして、早速近況報告から始めます。
a0190865_11485960.jpg
〈動画の話〉
 今年に入って、ネット上での動画配信に幾つか出させて頂きました。

 1つはセンドウアニキの「釣りゲバ」という日曜の夜21時から始まる生放送です。「情報は探せばネットのどこかに転がっている」と思っている僕はリアルタイムで情報を追うのが苦手。それゆえ「アニキが何かしてるな」と思っていたものの生放送ゆえ見逃していました。しかし、その生放送の中でどうやらゲストとして指名されていた様なのです。誘ってもらったら出るでしょ、と思って「釣りゲバ」の話を周り&本人から聞くと、なかなか危険な番組との事(汗)つまり、生放送だけで後から聞ける様に話した内容の情報データのアップをしないのはそういう事(思い切った話をギリギリまで攻めるため)だと。
 自分でもデジオを録っているので解りますが、言葉は選びます。他社に比べ、かなりコンプライアンス低めで言いたい放題している僕でも形に残る物には最低限神経を使っているのです。お客さんを不愉快にするのは嫌ですからね。僕は情報を残すものとしてやってきましたが、その逆で一期一会を楽しむと言うやり方もあったのかと。そんな訳で、釣り業界の人が聞いている割合が非常に高く、まだ一般的には大きくは認知されていないこの番組に誘って頂いた翌週に行ってまいりました。4時間も話をしたので、内容をここで上げるのは無理ですが、結構良い話をしましたよ。アニキとは馬も合うし、アニキのお話スキルの高さは常々感じていたので、かなり楽しく話しました。勿論、データが残らない点も頭に入れて時々暴走しながら。一応、順レギュラー狙いで月に1回はお邪魔しようと思っています。次回出る時は早めにアナウンスしましので、是非日曜の夜の少し危険な生放送に耳を傾けて下さいませ。

釣りゲバ(リンク)



a0190865_11440020.png

 もう1つの動画がロドリの編集者のズーシミこと志水くんが始めた「Zootube」ZOOSHIMI channel ズーシミチャンネルです。ロドリさんの動画ページではなく、あくまで彼個人のページみたいなのですが、編集者という事で各メーカーにつてがありフットワークも軽く懐に入る人なので色々なメーカーに潜入取材をしに行くんじゃないですかね。始まったばかりですが、面白くなって行きそうな気がします。
 彼の家と痴虫工房が近いという事もあり、2人目のゲストで取材を受けました。前編は作業場に忍び込んで盗み撮りをすると言うスタイルで、後編は潜入がバレて素直に盗み撮りしたルアーの動画を取りに行きました。僕も小芝居が好きなので、楽しく撮ってもらいましたが内容は本当のスクープです。なんせ、まだ僕の方でも情報を公開していないカブメスのラトルインモデルを動画で撮って行ったのですから。このコラム同様に、動画もやらないとなぁ、やったら楽しいだろうなぁ、と思っていた所でこれに出て、改めて文章でもデジオでもない良さがある(というか、今は皆が手軽に動画をやる位、主流になって来ていますよね)なと改めて思いました。だって、動きとか音とか簡単に伝える事が出来るんだもの。出演しながらも、動画の取り方を少しは見る事が出来たし、困ったら教えてもらえる人が近所にいるという事で、僕も近いうち(コラムに慣れたら)動画をやりたいなと思っています。僕の周りには、チーム痴虫の2人や、良忍君等のオモシロ(釣りウマ)素人、それに仲の良い業界人、楽しみ上手なトッパーの仲間と色んな友達がいるので、そんな人達と楽しさを提供して行ければ良いなと思っています。

ZooYube(リンク)


a0190865_11412526.png
a0190865_11413808.png


〈心臓ラトルa.k.a.チムどんどんの話〉
 今日は冒頭の挨拶もあり少し長くなりそうなので、去年の話はお休みしてこの項で終わろうと思います。
 上記の「Zootube(ズーチューブ)」で情報が公開されたラトルモデル。痴虫では「心臓ラトル」と呼んでいます。動画を見て頂くとある程度その説明はしているのですが、もう少し詳しく書いてみますね。
 ルアーの機能の1つとして「ラトル」があります。「ジャラジャラ系」「コトコト系」「ワンノッカー」など音の周波数やラトルの数、種類等でかなりの種類に分けて使われています。その狙いは、視覚で見つけにくいルアーを音を出して見つけてもらうというのが一番強いですかね。それ以外だと怒らせたりしてスイッチを入れるとか。
 痴虫の心臓ラトルにもその機能はあると思いますが、ラトルのシステムが小さめでシンプルなのでそこまでは強くかなぁ。特に色々音が出るパーツが付いているルアーだと、ラトルの音がまぎれる事もある気がします。(次回に続く、スミマセン)
a0190865_11485921.jpg
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

というわけで、心臓ラトルa.k.a.チムどんどんの話の途中ではありますが、一旦更新という事で。
名古屋までに、つまり3/1日分として続き書く様にします。

ではでは、ブログの方もコツコツ続けて行きたいと思いますので宜しくお願いいたします。

痴虫松本


[PR]
by chimush1 | 2018-02-22 11:52 | コラム