<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2010年10月11日(月) 晴れ
6:00 集合、申し込み、説明後各自解散
11:00 終了
結果発表&スーパーゲストによるレクチャー
スーパーゲスト:川村光太郎さん、折金一樹さん

ハードベイトオンリー、移動は徒歩


今回のオプライドをまとめる前に一言。

僕にとってオプライドはとても大事な大会なのです。
オプライドは、開催当時はクランクベイトオンリーのオカッパリ&徒歩の大会でした。
初年度は知らなかったので参加しなかったけど、2年目より参加しました。
ちょうどその頃、自分の釣りの振り幅の狭さに不安を感じていたので、あえてクランクベイトオンリーという部分に自分を縛り付けようと思って参加を決意した訳です。
しかし、当時トップオンリーのバス釣りしかしていなかった僕には気づかぬうちに大きな偏見が出来ており、しかも、たいして釣り道具も持っていなかったため、トップのタックルにクランクを少しもって挑むも、何も出来ず。
本当にただ参加しただけの物となりました。

しかし、あの時参加を決意して本当に良かった。
本当に釣りと向かい合うようになったのは、DVD制作の反省からでしたが、そこに至るまでの土台作りは、オプライド初参加からだという事です。

この大会への思いはこの辺りにして、明日より続きで、今回の大会のレポートをまとめようと思います。
[PR]
by chimush1 | 2010-10-20 21:25 | 大会
いよいよQp最後のカラー説明。
いつもの写真
a0190865_114139.jpg

a0190865_1142870.jpg

<やはり中間色はどちらでもある程度馴染みつつ、目に入る>

基本カラーはやや重めの山吹色のおなか、グリーンの背中にスポットです。
そして、反吐の特徴のベースカラー。

前回の反吐ワカサギでは今回の3(さん)みたいな色が下に塗られているのです。
一皮剥げばこの色だという色。
皮が反射で光らなかった時の透け色。

今回もカエルがどう透けるかという所からスタート。
しかし、これが難しい。

まず、以下写真2枚を見てください。
(カエルが苦手な人スイマセン。)
a0190865_115326.jpg

a0190865_1154898.jpg

どうやら、小魚や、小さなカエルは似たような要素があるみたいで、必ず内蔵周りは足とか腕より強くカバーされている様子。
逆を言うと、筋肉の所はいつだってスケスケ。
しかし、これが困った。

魚はだいたい尾びれをのぞいた所までをルアーのボディーと見なす事が多いのですが
カエルはどこまでをルアーにして良いものか。
どういう事かというと、
a0190865_1162155.jpg

a0190865_1163285.jpg

上はカエルの足の付け根までをルアーのボディーとするもの。
下は太ももまでをルアーのボディーとするもの。

今回は上を採用したのですが、ボディーの長さや形では、下のも有りだなあと。
というか、下のもやりたいなあ。

で、そうすると、カエルの透け写真を見ると解ると思うのですが、
ほとんど透けなくなっちゃう。

そういった訳で、食われて皮が剥がれた場合のイメージして、
頭周りは血液とか影の要素を入れ、
それ以外はちょっと絵画的な仕上げ方でまとめました。
この色、仕上がるまでいつもヒヤヒヤするんですが、そのドキドキがちょっと楽しかったりもする訳で。


それから、ベースカラーの話を少ししましょう。
まずはいつものモノクロ写真から。
a0190865_117166.jpg

a0190865_1171828.jpg

おなかのオレンジに近い山吹色は僕の中で、丁度真ん中か、ほんの少し明るい目の中間色。
背中のグリーンは暗い目の中間色。

大まかな色の配分で行くと、腹と背中の明暗差がちらちらするはずの色なんだけど、
スポットや、溶かした下色などが色々混ざっているので、そこはややおとなしくなっています。

ごちゃごちゃしていて嫌われ難そうな感じもありつつ、点や線など魚にスイッチを入れる要素もある。
そういった意味で、中間色のオールマイティーカラーといえるのではないでしょうか。


という訳で、Qpの個別カラー説明はこれにて終了。


次回色の話は、全体の色分け、使い分け、組み合わせ方とか。
あと、各ベースカラーの特徴などを、今回のと少し重複する所があるかもしれませんが書いてみようと思います。
[PR]