クリアウォーターを攻略せよ

シングルスイッシャー使用例第2例目として、クリアウォーターでの釣りを御紹介します。

といっても、クリアウォーターは少しずつ経験をためているところで、これじゃ無いといけないとか、こうやればいける、みたいなのでは無い事は先に述べておきます。

その昔、なじみの釣り具屋の大会で数度訪れたクリアウォーターのリザーバー。ふと気になって久々に行く事に。魚が見えてテンションが上がるのと裏腹に、なかなかバイトまで持ち込めない。

それまで、マッディーからステイン中心の釣り生活だったために、自社の製品はどちらかと言うと水をしっかり噛むと言うか、抵抗の強いものが多く、早い速度に対応出来ず。
クリアウォーターの釣りはなんだか見られている感が強いと言うか、見切られるんじゃ無いかと思ってしまってついついルアーを早く動かしたくなるんです。

そんな時に違和感なく使えたのがポムシリーズの二つ。

というかシングルスイッシャーはもともと、ボイルうち等にも使っていたので、少し慌て気味の動きは出せる。
はじめは普通に誘いつつ、魚が追ってきたところで速度をアップ、みたいなイメージで使っていました。
a0190865_23545825.jpg

<この時はポムだった気がする。今秋リベンジに行きます。>

その日一番チャンスがあったのが、人工の浮きものの影についた数匹の群れ。
浮きものの横を少し早めに飛沫を上げつつ首振りさせると、影の中からバスがすーーっと…。
まあ、すーーっと出てきただけで結局食わせるまでは至らなかったのですが。

イトウの時同様に、これで行くぞ、と思ってもっていった訳では無いポム達を一番多く投げる事になり、ここでもその対応力の広さを感じる事が出来たのでした。

ちなみに、その後もう少しイレギュラーな速度の変化を出すべく開発に勢力を注いだのが、スラッシュポムです。


今年の秋にリベンジしに行く時は、ただ巻きの中で速度変化で食べさせせる「可変リトリーブ(大阪の伊勢吉の三宅さん考案)」という技を首振りバージョンにアレンジしたのを試したい。

可変リトリーブの基本は、たとえば基本の速度(例えば5の速さとする)で巻いて来たものをほんの一瞬スッと2~3くらいに落とす。
そしてそのすぐ後に、今度はもとの速さより速い8位の速度に上げるんです。

そうすれば、同じ速度で付いてきた魚の目の前に、一瞬ルアーが近づいて距離が縮まる。
魚が「あっ」と思ったその瞬間、今度はルアーが速度を上げて逃げて行く。
そこで、逃がしてはなるものかと、スイッチが入るんです。
(ルアーで説明した所を小魚に置き換えるとよりイメージしやすいかも。)

ただ巻きの中で、ここぞと言う所、もしくはもう自分に近づいて気づかれる。
というタイミングでこれをやって、食いきらない魚に口を使わせる。
これを首振り系でやってみようと。


ちなみに、この可変リトリーブは今まで
バス、アジ、メバル、シーバス、イワナ
海、川、湖どこでも効いた、ものすごいメソッドです。

食わせの間を自分で作るんですね。
本当にすごいので、騙されたと思ってやってみてくださいませ。


・シングルスイッシャーはボイル打ちが似合う
・ボイル打ちからのサイズ&シルエットの話
はまた次回

明日はカラーリングに戻ります。
[PR]