シングルスイッシャーの使用例

シングルスイッシャー使用例 数日前のシングルスイッシャーの説明を軽く復習してもらって、今日は実例ほ含めたポムとQpの話へ。

シングルスイッシャーは特殊性が無い代わりに非常に対応力があり、潰しの効くルアーだという事を述べたのですが、それは色々なところで実感しました。

・流れのある川の釣り。
・クリアウォーターでの釣り。
・マッディーウォーターのアシ際のでの釣り。
・リザ-バーの釣り。


ちょっとバスから離れますが、まずは一つの釣行例をもとに、ポムとQpのコンセプトの違いなどを話して行こうと思います。

<流れのある川の釣り>

それは北海道へイトウ釣りに出かけた時の事でした。
もっていけるルアーも少なく、その頃はまだ渓流の釣りもしていなかった僕は、分けも分からず、当時出していた全てのルアーを2~3コずつと、テスト中のルアーを少しもって行く事に。
そして、その中で役に立ったのがポムシリーズとめめず、そして東所沢でした。
得に、ポムシリーズはポム、Qp共に魚をキャッチし、それ以外にもバイトをもらう等、かなり活躍しました。

当初、バス感覚で考えていた僕は、海馬に絶対の自身をもっており、まずはその力をここでも再確認するつもりでした。
しかし、実際の釣りでは、流れのある川を釣り上がりながら、上流に向けてルアーを投げて行くスタイル。
海馬の可能性は感じつつも、しっくり来させる事が出来ない。

そこで、ガイドの大学生二人のまねをして(二人は、流れの中できっちり首を振るペンシル等を基準にルアーローテーションをしていました。)首ふり系に。
流れの中で上手く首を振らせるという事で、クルクル首を振らせる事のできるQpをチョイス。
流れにのせて動かしているルアーが、アウトベンドの木の前を通った瞬間、水面が割れてイトウがバイトしてきました。

流れの中でかけた魚は引きが強く、竿を落としそうになりながらも、フォローしてもらって何とかキャッチ。
うっひょー、イトウ最高ー。と言ったかは憶えていませんが、めちゃくちゃ嬉しかった1本でした。
そうか、こう言った流れの中から魚がでてくるのか、そう思いつつ釣り上がる事に。
a0190865_2346786.jpg

<初イトウは流れの中Qpのテスト中のレッドヘッドでした。>

次に魚をかけたのは、めめずでした。川の少し弛んだたまりの奥に投げて連続の首ふりで、自分にだいぶ近付いてきたところでどばんと水面が割れました。

その次の東所沢のバイトは物凄かったのですが、キャッチ寸前で針とヒートンを繋いでいたケブラーの糸が切れてさようなら。
バーブレスなので上手く外れてくれるといいのですが、はじめの魚より確実にでかい魚だったので、かなり興奮しました。

どうもその日は当たりの日だったようで、上手くバイトを拾えましたが、午後から翌日の昼過ぎまで何の音沙汰も無く、やはり簡単な釣りでは無いんだと言う感じました。
 次にバイトがでたのは2日目の午後。少し流れのゆるめの所を今度はポムをドリフト気味に流しながら首を振らせ、水面が割れました。
すこし空いた後の魚だっただけに、とても嬉しかったのを憶えています。
a0190865_23462815.jpg


<ポムで釣ったのは木が倒れて流れが緩んだごみだまりの前。もぐらデスという水色ベースのカラーでした。>

 その釣行では、他にもバイトはあった物の、キャッチ出来たのはその3匹。まあ、彼等いわく坊主の日もザラにあるので、かなりの良いできだったそうで。
そんな昔話を釣りとして、再分析出来る様になったのは数年後、渓流釣りをするようになってからでした。


5フィートちょいの短いスピニングロッドを器用に使い、小さなミノーを流れにのせてトゥイッチさせたり、流れをきってトゥイッチさせたり。
そうして魚のでてくる場所の情報を自分の中に集めて行く中で、ふと、イトウの釣りを思い出しました。

マス類であるイトウもあんな大きな身体をしつつも、全く同じような習性で同じような条件で出てきていたと。
渓流をしている人間なら当たり前に投げるコースも、イトウ釣りの時はそんな事分かりません。
見よう見まねと、何かしらの勘で巡り当てた魚は、出るべくして出たのだと、時を数年へて分かりました。


そんなイトウ釣りの出来事と、その後の渓流釣りから解った、流れの中で魚を釣る方法の様なものを書いたのですが、僕が行くバスの釣り場では、ここまで全体的に流れている事はそこまでは無いのです。
でも、そこそこの流れでもやはり魚は流れのルールに乗っ取ってえさを食べている感じがします。

で、そういった川の中で釣りをする時に、自分より上流に投げて流しながら釣りをする場合は、ウェイトの効いたQpが役に立ちます。
慣れればポムでも何とかなるのですが、やっぱりQpの方が楽です。
尻側にしっかりウェイトが効いているので、ルアー自体流されていても、お尻を始点に首を振らす事が出来る。
ポムはどちらかと言うと体全体で動きをとるので、どちらかというと、緩い流れから止水を少し左右にゆとりを持って降りながら釣るのが気分ですかね。
a0190865_23464837.jpg

<左がQp、右がポム>
(わずかだけどQpのお尻が沈んでいるのが解るでしょうか。
ほんの少しだけど、斜め浮きと水平浮きの感じも見て取れます。
微妙な差だけど、使う側にとっては大きな差になるのです。)

ミノーを例に挙げて話すと、ポムはフローティングミノー的、Qpはシンキングミノー的な気がします。
渓流などでも、シンキングミノーは流れに強いのですが、それはルアー内の重心の分配によってそのルアー自体の動きに「おきあがりこぼし」的な戻る、もしくは止まる要素を生み出している。
それに比べて、フローティングミノーは、何処か水に押されたりしながらも、ぎりぎりのバランスをとりつつ揺れていると言うか、影響されている感じ。


てなかんじで、何か一つでもピンとくれば良いと思って、色々書いてみました。


まとめると、ポムは限りなくペンシルに近いシングルスイッシャーであり、それはノーウェイトの水平浮きボディーに小さいペラという、惰性を生みやすい設定だから。
トントーン、と指先に重さを感じながら小気味良い首振りと、少し惰性の付く伸びを楽しむルアーです。

それに比べ、Qpは従来のシングルスイッシャーに近いものだと思います。ボディーの後方にウェイトを効かせているので、頭ではなく、ややのど元に水を受ける感じになる。
そうする事でキレのある動きの後に惰性が出難い水のからみをする。
目のくぼみも水受けになっているので、ブレーキの役割を少しばかりは手助けしている感じになります。
くるくる動いてぴたりと止まる。
瞬間のきつい首振り、水のあてにも強いので、ぎゅ、ぎゅ、ぎゅと出来るだけ点で仕事して、止めてと冬の釣りにも良いと思います。


今回は流れでの釣りを元にQpとポムの比較をしてみました。
明日に続きます。
[PR]