続々、シングルスイッシャーについて。

シングルスイッシャー好きのよろこび

ご無沙汰しておりました。
無事痴虫ボックスも始まり、まだばたばたしていたりしていますが、パソコンには向かえるようになりました。
さてさて、続々、シングルスイッシャーの話

前回前々回で、いろいろなルアーの中のシングルスイッシャーの位置が解っていただけたかと思います。
同じスイッシャーでもダブルスイッシャーはノイジー等とリンクした音の要素があり、シングルスイッシャーはどちらかと言うとペンシルとリンクした動きの要素のあるルアーです。

で、とある釣りウマの方と話をしていて
前回の最後に書いた
「シングルスイッシャーは足かせのついたペンシルである。」
という話になったのですが、これ勘違いしないよう始めに補足を。

その人がこう言いました。
「僕にとっては『シングルスイッシャーはペンシルより器用なやつ』だと思うんだが」と。

そう、それは僕がこれからしようとしていた話と関係していまして、前述の言葉はまさしく、ルアーの物理的な動きについて指したものであり、後述の方の話は、シングルスイッシャーの持つルアーの要素の多さ、幅の広さをとって話した言葉です。
つまり、シングルスイッシャーってかなり色々出来るよと、いろいろ引き出せるよとそういう訳です。
さすが市原のカリスマ、スタンダードなルアーの話をするとなげえ!!い、いや、すげえ!!でした。
a0190865_22375444.jpg


<数年前の事ですが、この旅も僕を釣りのより深い所に連れて行ってくれた経験でした。僕の初渓流魚はイトウ!!
一緒に言った若人達、道具をフォローしてくれた若人達よ、愛してるぜ!!>

という訳で、ここからいよいよシングルスイッシャーとペンシルの比較になります。

ペンシルもザラの様にウェイトを効かせて、器用にさせたものと(多分日本人がそこを特化させたと思われる)伸び足の長い、スライド系のもの種類分け出来ます。
どちらにせよ、基本動作は首振りと、それの間合いによる誘いだと思います。
その他、ダイブ、水面はや引き等もありますが。

そして、シングルスイッシャーも基本動作はペンシルと同じく首振りと、間合い。そこにプロペラの要素の音、スプラッシュ、フラッシングと音と光の要素が入ってくるんです。

僕が思うに、ペンシルを好きな人は、動き系のルアーの間で魚を誘うのが好きな人。特にペンシルは何もついていない分、己の腕を実感出来たり、充実感がでかかったりするんだと思います。思いますっていうか僕はそう。やっぱり、なにもついていないルアーで釣った時は今でも素直に嬉しいです。

シングルスイッシャーは何もついていないペンシルまでは行かないものの。それに準ずる「してやった感」を味わえるものだと思っています。しかも、ペンシルでは不安な部分を、プロペラによって少しフォローしてくれる。
少し気を楽にしながら、動き系のシンプルなルアーの喜びも味わえると言う、非常に今の時代にあったルアーだと思うのです。


それから、後にQpとポムの使用例の時に書きますが、僕が初めてイトウを釣ったルアーがQpでした。
その次がポム、そしてヒガトコ(針がもげてばらしましたが…)、めめず。

その時は渓流をしていなかったので今になると解る事も多いのですが、一つ言える事は、シングルスイッシャーは嫌われ難いルアーなのかもしれない、という事です。
まだこれは直感の部分が多いのですが、多分シングルスイッシャーは魚の種類によって好き嫌いが出にくいルアーなんじゃないかと感じています。感じている、今はそのレベルでしか経験出来ていませんが、嫌われないからどこでも使える。1激必殺とか、派手ではないけれど、そばに置いておきたい信頼出来る奴。

海の釣りでもトップの基本は、ペンシルとポッパー。
それに最近はミロの海バージョンのダブルスイッシャーも見るようになりましたが、僕は案外シングルスイッシャーも良いんじゃないかと思っています。

ペンシル、ポッパー、シングルスイッシャー、僕が思う嫌われ難そうなルアーです。
ダーターもシルエットの作り方で、案外行けそう。
ちなみに「この嫌われ難い」という考え方、後に色の話の方でも出て来る、ちょっと気にしているキーワードです。潰しがきく、と同じような部分もあります。
a0190865_22383856.jpg

<ニンニクとショウガのチューブがでかい…>

まあ、その話は置いておいて、ペンシルとシングルスイッシャーの整理をしましょう。
ボディー+αとしてプロペラが付いているシングルスイッシャーは、その構造の通り、動き+α(音、光、水流)などおまけがついて来る。その事で、安心して動きを楽しみながらも攻める事の出来るルアーだと思います。
素材が良い、基本の味付けが良いのが料理では大事な事ですが、マヨネーズとかわさび、辛くないラー油、そういったもの要りますよね。ラーメンだとニンニクは必須。シングルスイッシャーのプロペラってそういうものだと思います。

最後に、首振りと言えばペンシルというのがトップの世界でよく言われて来た事で、一時期は反抗心を持ちましたが、今は僕も確かにそうだと思います。
でも一方で、時代にあった見方として、釣果を考えると首振りや、動き系のルアーを覚えるならシングルスイッシャーというのも手だと思います。

そういった訳で、これらの理由をひっくるめて僕はシングルスイッシャー大好きなんです。
大好きと言うか、潰しがきくから、とりあえず持って行くし、投げます。充実感もあります。
気づけば信用出来る奴になっていたという感じです。

今日は久々で長くなってしまいましたね。
雑誌の記事と違って、文章の量を決めたり、整理するという規制が少ないのが面白いかと思っています。
だから自分のノートに近いものなんです。
長い日は、時間をかけてゆっくり読んでください。

本日は以上です。
[PR]